各設定項目の解説

注文設定

1.最大注文数量

誤操作による大量発注を防ぐ最大発注量制限として機能します。メイン画面での「発注数量」はここで設定した数値より大きく設定することはできなくなります。

設定した「最大注文数量」より大きい値は入力できません

2.許容スリッページ

予想外の約定を防ぐスリッページ自動防止として機能します。注文時にここで入力した以上のスリッページが発生すると予測される場合、注文量を自動的に下方修正してスリッページ発生抑制を試みます。

(例)発注数量が1,000,000ドルに設定されているものの、許容スリッページ0.5ドルの範囲で収まるように、売りボタン押下時は発注数量が35,572ドルに下方修正されます。

注意
この機能は成行注文の発注量を自動下方修正することでスリッページ抑制を図るものであり、必ずしも設定したスリッページ以内に収まる事を保証するものではありません。

表示設定

3.未使用残高(XBT)

現在使用していない(ポジション取得に使用されていない)XBTの口座残高をリアルタイムで表示する機能です。チェックを外すと表示されなくなります。

4.未使用残高(USD)

現在使用していない(ポジション取得に使用されていない)XBTの口座残高をUSD換算してリアルタイムで表示する機能です。チェックを外すと表示されなくなります。

この値は板情報を参考に計算されます。計算式は以下の通りです。

  • 未使用残高(USD)未使用残高(XBT) * (BestBid と BestAsk の中間価格)

発注量計算補助

5.最低限維持したい余力(%)

設定値に基づいて残り推奨余力(USD)を計算し、メイン画面に表示します。計算式は以下の通りです。

  • 現在の利用可能USD残高 = 現在の利用可能XBT残高 * (BestBid と BestAsk の中間価格)
  • 残り推奨余力(USD) = 現在の利用可能USD残高 * 現在のレバレッジ設定値 * (1 – 最低限維持したい余力(%))

 

口座残高約49ドルに対してレバレッジ2倍設定となっており最大で98ドルのポジションが取得できます。そこに最低限残しておきたい余力30%を差し引くと、98*70%=68となり、68ドルが推奨利用可能残高として表示されます。

6.残り推奨余力(USD)を表示

チェックを入れると上記の残り推奨余力(USD)をメイン画面に表示します。

その他

7.デバッグモードを有効にする

開発者用機能ですので通常はチェックを入れる必要はありません